Monthly Archives: 6月 2012

清流

先日、月刊  ”清流” の取材と撮影がありました。

〜きらめきびと〜

きらめいていないかも? 知れない私に、編集のNさん勇気がありますね。

「キッチンは主婦のアトリエ」という考え方に、興味をもってくださったようです。

original1208

当日の朝、記念にハーブ染めのハンカチをさしあげようと、ローズマリーで染めていたら、そこから撮影、、。

とりとめのない私のおしゃべりが、はたして、皆さんのためになるのでしょうか?

主婦たちへ贈るこころマガジン ”清流” 9月号

8月1日発売です。

梅雨どきの藍

藍はお元気ですか?

私も心配で、雨があがったので、母の庭へ行ってきました。

original1217

大丈夫!

original1202

このように順調に育っておりました。

これからも、雨と陽射しを浴びて充実していくことでしょう。

と、いうことで、今年も、『生葉染め』レッスンの日程を決めました。

詳しくは、ホームページ  ”レッスンのご案内” へ。

ポジャギの国へ

3泊4日でソウルに行ってきました。

以前。大阪のハウスメーカーさんから、ハーブ染めの布で ”間仕切り” を。とのご依頼があり、

一枚のコピーをいただいたのが、『ポジャギ』との出会いです。

韓国の昔の女性が、一針一針縫いつないだという布は美しく、写真でみるかぎり抽象画かステンドグラスのようでした。

では、わたし流に・・・

original1194

と、シルクオーガンジーで作ったのがこれ。簡単に読者が作れるように、ジグザグミシンでコラージュしました。

original1189

こちら↑は2冊目の著書『ハーブ染めの贈りもの』藍の生葉染めのページ作品。 今でも西田碧さんから習ったビーズの縁飾り・蝶ちょを四隅につけて使っています。

これをみるたび、本物ってどんなもの?。。。 心のどこかにあったのでしょうね。

いつか、と思っていた、韓国刺繍博物館を訪ねてみました。

original1185

ここには、朝鮮王朝時代 (1392~1910年)の女性が愛用していた、生活刺繍品などが展示されています。規模は小さいのですが、名もなき女性の作り手たちと、じっくり向かい合えて、特別な時間を過ごしました。

物を包んだり、覆ったりする四角い布を、一口に『ポジャギ』と思っていましたが、刺繍をしたものを『刺繍ポジャギ』   端切れを縫いつないだ布を『チョガッポ』というそうです。

original1187

刺繍博物館の看板です。今はナビがあるからほんと便利。住所をタクシーの運転手さんに渡すと、ちゃんと連れて行ってくれましたよ。

ソウルにはショッピングに訪れる人が多いとか、、、こうして文化を訪ねるのもいいですね。お勧めします。

な~んて、親子そろって明洞にくり出して、メガネ。作っちゃいましたけど、、、

繁華街や市場を歩いたり、情緒ある伝統家屋の家並みを散策したり、Nソウルタワーからの夜景もとてもきれいで、のんびり漢江クルーズも楽しみました。

DSC02704

宗廟の日本語ガイドさん。

地下鉄に乗ったり降りたり、在来線にも乗車。親切な人たちとの思い出もたくさんできました。

母は7月で88歳。これで米寿のお祝いになったのかしらん?