トロトロの梅ジャム

最近、家庭菜園をしているご近所さんからよく野菜をいただきます。

そのサラダ菜から、ミクロサイズのカタツムリ・・・

つの出せ、やり出せ、目玉出せ〜 ♪ 梅雨の風情が感じられて、思わずカメラ!

予定では「藍の生葉染めの方法」をお伝えするはずでしたが、、

今日は、こんな↓↓ ジャムができちゃったのでそのお話。

先週、生葉染めをしている最中に、完熟梅をいただきました。

「冷凍しておけばいつでも使えるわよ 。」っておっしゃるので、

とりあえず、洗ってヘタを取り、水気を拭いて、重さを計りジップロップで冷凍しておきました。

今朝は、この冷凍した完熟梅1,6kg からスタート!

ジップを開けたとたん、アプリコットのいい香り〜〜

砂糖は梅の重さの半量。 急に思いついたので、ありあわせのグラニュウ糖と三温糖で800g。

蓋をして、中火に。

冷凍梅が溶け、砂糖も溶け出して水分が上がってきます。

白いアクが次々浮いてくるので、こまめにすくいとります。

底に焦げ付かないよう、ときどき木べらで混ぜて

梅肉が柔らかくなったら、火を止めます。

ここまでの作業50分・・・

冷凍することで果肉の繊維が壊れて、早く煮崩れる。というわけ。

穴あきのお玉などを使い、種を取りのぞいて、

木べらでよくかき混ぜたら、なめらかなトロトロジャムの完成!

47粒の種抜きは大変でしたけど、、

一粒 口に放り込むと、甘酸っぱいアプリコット味。我ながらあっぱれ!

熱々のジャムを詰める手が、ルンルンしていました。

忙しい人ほど、ジャムはうまくできるそうです。

なぜなら、美味しいジャムは長く煮込まない方がいいから・・・とか

そうそう、

2週間前に仕込んだ梅シロップ。おいしくできました。

「ウメッシュみたいだね」と夫に言われてドキッ!

りんご酢の他、同量のホワイトリカーもこっそり加えてみたのです。Verry Good!

あんなに丸かった青梅がシワシワ、、身に迫る姿でつらいけど、、ありがたく梅のエキスいただきまーす。

らっきょう酢に漬けた青梅も意外なおいしさで、もう一度作っています。

てへっ! また長くなりました。。。

一番藍で生葉染め

今日、関東地方は遅い梅雨入りとなりました。

やっぱり、紫陽花は雨が似合いますね。

すぐに晴れてしまいましたけど・・・

ずっと晴天続きでしたので、藍の一番狩りをして過ごしていました。

6月8日はプランター4個の刈り取りをして、合計470gの生葉で、重さ95gの麻のTブラウスを染めました。

白が好きで買ったのに シンプルすぎてあまり着ることがなかったTブラウス。

失敗してもいいかな、、と、杉箸と割り箸を使って板締めをしてみました。

5リットルの染め液の中に沈めて、動かしながら15分。

脱水機にかけて、ハタハタ。。。

ゴムを外す時の ワクワク感がたまりません。

出来上がりです↓↓

計算通りとは言えませんけど、、偶然の模様を楽しむことにいたします。

顔見知りのワンが寄ってきて、これまた偶然、前身ごろが写った写真も撮れて 夫に感謝!

次の日

ミニ畑の藍を刈り取り、230gの生葉を収穫。

ウォーキング用に、汗を吸い取ってくれる木綿のストールを2枚染めました。

これは↑ストールの重さの4倍量の葉を使った色です。

藍染めの布は、紫外線を遮断する効果もあるので真夏でもストールは離せません。

今年初めて生葉染めに挑戦なさる方は、ぜひストールから始めてみてください。

長くなるので、染め方は次回に・・・

梅シロップ

もう6月。

雨のない日が続いて、ハーブは花盛りでした。

残念ながら、今日は全国的に強い雨と風。

とうとう梅雨入りかな?と思っていたら、そうでもないらしい。。。

せっかく咲いたセルフィーユがうなだれています。

* *

昨日のヨガの帰り道、みずみずしい青梅が露店に並んでいるのをみつけました。

どれにしようか悩んでいると、奥からお店の方が、、、

「今の人はすごいね。冷凍してから漬けるそうですよ!」などと梅の変わった食べ方を一通り教えてくださった。

1kgの青梅に氷砂糖1kg。覚えやすい分量なので 梅シロップは よく作っていました。

梅と氷砂糖を交互に入れて、最後にりんご酢を大さじ2〜3杯を回しがけして、冷暗な所へ。

砂糖が平均に溶けるよう、日に何度か傾けて混ぜ、梅が皺々になったら出来上がり!

が、私のやり方です。

それを今日は、一晩冷凍した青梅を使ってみました↓↓

どうなることやら、、、

右は、「らっきょう酢で漬けた梅も美味しいよ〜」とおまけの梅で、、、

いずれも、保存瓶の内側をホワイトリカーを染み込ませたキッチンペパーで拭いておくと安心です。

美味しくな〜れ!