Monthly Archives: 2月 2011

小さな春

季節の変わり目なのねぇ。と、ひしひしと感じます。

風が冷たく心まで凍ってしまいそうな曇りや雨の日。かと思うと、暖かな日差しが救世主のようにすべてをゆる〜り、春の気配。

お日さまの力ってありがたいですね。見てみて!

original292_

大根の葉元を捨てないで、コップに挿して置いたら、ぐぐっと新芽が・・・勇気が湧いてくる気がしませんか?

original294_

いつもより暖かい朝日に、思わずほほ笑む、ふきのとう。

original295_

枯れ草の中。ひっそりと踊るように咲いていた小さな花たち。

少しずつ目覚めていく命をみつけて、静かな感動を味わった一日でした。

もうすぐ桃の節句。ひな祭りですね。 お雛さまは飾りましたか? 私はこれから。

雪あがり

3連休のはじめ、めずらしく関東地方にも積雪のニュースが。

二宮は暖かいので雪は降らないのよ。な〜んて言っていましたけど。うそ~。

今朝。カーテンを開けると、白いベールにつつまれた静かな家々の屋根・・・とても幻想的でした。

DSC03596

わくわくして外に飛び出すと、車が冷凍に! これ屋根を撮ったつもり。。。

DSC03602

水たまりも、氷のアート。

DSC03616

でも、またたく間に消えて・・・雨上がりでなくて、雪上がり?

ゆっく〜り歩くエルと、光る海へ。

今日は、お仲間とうれしいデート。って言うか、10歳の年の差は大きくて、遊びを見学。

それでも、みんなの元気をもらって、幸せに満ちたエルでした。

ず〜っと持っていたい本

私のレッスンを受けられた方なら、ご存知ですよね。

『着物のふるさと・染め織り巡り』グラフィック社

original293_

南の島の海晒し。雪国の雪晒し。など、自然と暮らしが結びついた染めと織りを、10年の歳月をかけてまとめたもので、関わった方々の素敵な熱意によって出来た本です。

大切に受け継がれている日本中の手仕事と着物の知識を、余すところなく紹介してくれる、宝石のような一冊。

中には、クロバー(株)の手作りマガジン『ビアンフェ』のシリーズでご一緒させていただいた作家さんも登場していて。。。とうてい追いつけない技術の私は、大滝さんの美しい写真を眺めては、古くて新しい「日本の美」に憧れています。

先日、ビーズの縁飾りでおなじみの西田碧せんせが、ブログで紹介していたので・・・私もおすすめします。

昨年暮れからはじまった西田碧さんの楽しいブログ。 CRKdesignのホームページからリンクしてご覧いただけます。そこで、ず〜っと持っていたい本にも、出会えるかもしれませんよ。

心も潤すジンジャーティー

今日は節分。 鬼は〜外! 福は〜内! 夜空に豆まきをして、福を招きました。

大豆を年の数だけ食べて、エルは13個。私は、うふっ○○個。大変な数で言えませ〜ん。ジンジャーティーでも入れて、毎日少しずつですね、、、

その、自家製のジンジャーティー。なかなか評判がいいので、紹介しますね。

私がおすすめするくらいですから、簡単です。

市販の紅茶に、乾燥したショウガとレモングラスをお好きなように混ぜるだけ。

original292_

自分で育てたレモングラスは可愛いので、たくさん使いがちですが、抑えましょう。ショウガが多い方が、ジンジャーティーらしくなります。

沸騰したてのお湯を注いで、いつもの紅茶の入れ方で・・・

original291_

さあ、どうぞ! 濃いめにいれてミルクティーにしてもGood!!

なんとな〜く、のどが楽になって、ぽかぽかしてきたでしょう? 心もほっこり。

ショウガの力ですね。

original221_

使い切れないショウガは、干しておくと、ちょっとした料理に使えて便利です。

お天気続きで、異常乾燥の今だからこそ、を楽しみましょう。