Monthly Archives: 10月 2011

エルの近況

”いきいき”  に載ったおかげで、『エルちゃんも元気?』と、友達からの連絡が増えました。

そうですよね~。もういないかも?  と、思われてもしかたがない。。。 もうすぐ14歳だもの。

そこで、最近のエルです。

original694_

だいたい、眠っていることが多い一日・・・果報は寝て待て、かな。

original697_

私が動くと、、むくっ。

original710_

「お散歩?」「ご飯?」 夢が叶うまで、じっと待っています。

original716_

のったりですが、毎日たくさん歩いているので、たくさんの出会いがエルを支えてくれています。

original718_

original733_

夫と一緒なら、朝も夕方も海に行きますし、

original738_

海の階段も、がんばって登っています。

こんな幸せな日が、ず〜っと続いてくれるといいなぁ。。。

エルもきっと、そう思っているのでしょう。

いきいき・11月号

9月の取材撮影から一ヶ月。

発売日の10日に、いきいき11月号が届きました。

IMG_0812

『 個人的に会いたかった方でしたので、取材を忘れて、満ち足りた時間を過ごせました〜♡ 』と、編集部のKさんから、うれしいお手紙付き。

今月の特集は『手作りで広がる・手作りで結ぶ』です。

初めて開くページに、わくわく

IMG_0813

IMG_0814

IMG_0815

こんなふうに、私とハーブの暮らしぶりが紹介されてます。

キッチンでの時間を豊かに過ごす、ちょっとしたヒントになれたら・・と、思います。

黒羽志寿子さんの藍とキルト、蜷川宏子さんのカラフルなパッチワークキルトも、同じ特集ページに載っています。 そちらの方がお勉強になるかも。。

読者がなんと5万人と伺いました。  さすが!いきいきパワーですね。

”いきいき” は、50代からの生き方・暮らしかたを応援する、月刊の定期購読誌です。

お申し込み、お問い合わせは 「いきいき」サービスセンターへ 0120-861-094

黄花コスモスで染めてみませんか?

どこからか、キンモクセイの香りがする散歩の道。 空気が澄んだように爽やかで、歩くと気持ちいいですね。

最近、よく出会う花は、黄花コスモス。

オレンジ色の花は”サンセット” 黄色の花は”サニーゴールド”という品種だそうで、花屋さんの店先にも、苗が並んでいます。

original713_

あちらこちら、空き地にも、金色の陽射しを浴びて、たくさん咲いています。

original706_

吾妻山の頂上へと続く道も、キバナコスモス。

original714_

海へと続く川辺も、眩しいほどのキバナコスモス。

10数年前、通りがかったスーパーマーケットの駐車場がこんなでした。 店長さんの許可を得て、人気のない朝、花集めをしたオレンジ色の記憶があります。

少しずつ収穫して、楽しんでみてください。

original712_

花をこんなふうに乾かして、保存しておくと、いつでも染められます。 染め色は、みょうばん媒染で花と同じオレンジ色。鉄媒染でカーキがかった茶色。

11月の町の講座では、6名をこのコスモスで、と予定しています。あとの方、大丈夫ですよ!セージやカモミールの染め色も素敵ですので。

栗の和菓子

急に秋めいてきて、暖かいお茶がうれしい季節になりました。

“和菓子作り” と いうと、職人技のようで、ちょっと憧れませんか?

この『栗の茶巾しぼり』。材料が栗とお砂糖だけなので、簡単です!  作ってみてください。

original672_

1、茹でた栗の実をスプーンでかき出し、細かく砕いて、栗の実の20%量の砂糖を加え、なめらかになるまで、よく練り合わせます(フードプッロセッサーを使うとさらに簡単)

2、ペースト状になった栗を丸め、固く絞った濡れふきんに包み、てるてる坊主を作るようにキュッ絞って、出来上がり。

ざっくりですが、、、栗1kgで25〜6個分。中の実は約750g。砂糖は150gくらい使います。

original673_

ゆで汁は捨てないで、染めに使いましょう。

ゆで汁の入ったお鍋の中で、白糸で編んだコースターを煮て、鉄媒染すると。。。こんなグレーのコースターに!

『キッチン染めを楽しむ12か月』栗のページでは、染めのレシピーはもちろん。栗の上手な茹で方、茶巾しぼりの作り方も紹介しています。

もう一度、お手に取ってご覧ください。