Monthly Archives: 12月 2014

Merry christmas !!

どんなクリスマスをお過ごしですか?

私は、星とか雪とか、ガラスとか氷、キラキラが大好き。

original2678

12月になると、いつものように窓辺を北欧風にして、冬が終わるまで楽しんでいます。

original2679

今年は、いただいたロシアのお酒  ”ウオッカ” が仲間入り

original2680

幻想的なバレエの舞台を想像して、ロマンティックな気分に浸っています。

打って変わって、

明日25日は、忘年会&ピザパーティー。

original2688

先日立ち寄った、カレッタ汐留のイルミネーションに、また会えるかもしれません。

皆さまも、素敵なクリスマスをお過ごしください。

Wishing you a Happy christmas !

わたしの町

だいたいの方がそうなのですが、

昨日、レッスンにご参加くださったお二人も、JR二宮に降り立ったのは初めて。

遠い所、ようこそ! でした。

そんなことで、、今朝はわたしの町をご案内します。

玄関から見える吾妻山へ登り、海に戻ってくるコースです。ご一緒に!

駅から登ること20〜30分。 かなりきつい登り坂。

original2700

original写真8193

ここが ↑↑頂上。   菜の花がちらほらと咲き始め、お正月の出番を待っていました。

葉が落ちた木々の間から、我が家のグリーンの屋根がみえます。

帰りは、神社にお参りして、国道一号線の方角へと下山。

original2695

中腹は、秋色に染まって、木漏れ日がとてもきれいでした。

original写真878

JRの線路を超えると、石造りのアーチ。その ”吾妻橋” をくぐると漁港。

海が広がりま〜す。

original写真8202

ここ! この海に、犬達と散歩したくて、20年前引っ越して来たんです。

四季が織りなす自然の美。と、電車に乗れば、街のキラキラ。

両方にワクワクできていい所。 特に、今の季節は。

『ログウッド染め』レッスン

師走とは、よく言ったものですね。

コンサートや発表会、食事会、定期検診、箱根・ハイキング、、12月は、私でさえも走っています。

12月の染めレッスンは、18日が初日でした。

ログウッド染め01  ログウッド染め05

 

こんなログウッドチップの心材をを煮出して 、 ワインのような、おいしそうな染め液をつくり、

媒染によって、いろいろな色が取り出せることを学んでいただきました。

この方のスカーフ↓↓

original2668

偶然なのですが、、私が3年前に染めた ログウッド染め(鉄媒染)のシルクのスカーフ。  もしかして??と、巻いてきてくださって、サプライズでした。

今回は↓↓ 綿ガーゼの大判ストールに初チャレンジ。鉄媒染で深い紫に。

original2670

茶色のマフラーはウール。みょうばん媒染↑↑した Fさん作。

original2673

カメラを向けると、、とっさに、町子巻き。

お茶目なユーモアは、神戸育ちだから、だそうです。  一期一会の、楽しい発見でした。

これから、22日(月)と、27日(土)にご参加予定の方。部屋を暖めて、お待ちしております。

日本広告写真大賞

ノーベル賞授与式、いよいよですね。

スウェーデンだけでなく、日本も、年の瀬はアワードが目白押し。すっぴん大賞なんていうのもありました。

広告業界にもあるんですよ。

夫が撮った写真↓↓ ”APAアワード2015” に入選しました!!

新聞原稿本番

電通が制作した、集英社の年頭広告です。

新生な元旦に、新聞を開くと、天国にいるはずの18代目・中村勘三郎がデカデカと現れる、、と、 話題になりました。

このほど、日本広告写真家協会から、心を強く動かした絵。ということで選ばれ、『年鑑  日本の広告写真2015』に収められることになりました。

やめろよ! 夫は言いますけど、、、

私、ノーベル物理学賞をとった三人の教授の奥さまの気持ち。わかります。

本人より、嬉しいのよね。 ここにくるまでの、道のりを知っているから

original2666

広告に使われた写真は、↑この写真集(文芸春秋刊)の中の一枚。

夫が、勘九郎さん(襲名前)の楽屋を訪ねて10数年。ライフワークと言いながら、お人柄にひかれて、四国の金比羅歌舞伎やニューヨーク公演など、どこにまでも付いて行き、撮り続けていたこと。

勘三郎さんも文句も言わず、夫の前でくつろいでいたこと。

「お互い、長生きしようよ!」って言ってたのに。。思いもかけない、勘三郎さんの早逝。

original2663

とうとう、関容子さんが綴ったこの一冊が、語り部になりました。

正直、歌舞伎に興味のない私でも、勘三郎さんエピソードは温かくて、おかしくて、時々めくっては ”クスっ” としています。

そういえば、 夫の ”クスっ”が、一つ。

数年前、韓国の出版社が、夫のスタジオに通い詰めて、廬山人の器に”辻留”さんの日本料理を盛りつける撮影をたくさんしました。

いざ、本が出来上がると、韓国語が読めない。

出版パーティー? ソウルで? だめだよ、話せないもん。

original2664 original2662

未だに、理解できてない一冊です。

そうだわ! ソウルからレッスンにみえるtamaeさんに読んでもらいましょ。

冬のバラ

今日は、今シーズン一番の冷え込みだったそうです。

original2667

午後からバラの剪定をしようと、外に出たら

original2665

ひっそりと、花が、静かな時を刻んでいました。

最後まで、精一杯。

偉いですねぇ。

冬のガーデンセンター

12月に入って、急に冬の寒さがやってきましたね。

今日は、車を走らせて秦野方面へ。 早いとこ ”サラダガーデン” 作らなくちゃ!

目的は、野菜の苗。  でも、遅かったみたい?

original2653

店内はすでに、クリスマスとお正月の準備、真只中。

贈り物用のシクラメンもすまし顔で並んでいます。

見てみて↓↓

original2654

まるで、バラのような咲き方

original2656 original2657

お正月の定番、葉ぼたんです。改良を重ねると、こんなに種類が豊富でおしゃれになるのですねぇ。。

買っちゃおうかなぁ。。

心が動いた、その時

original2651 original2650

値下げ品コーナーに、目が点。

耐寒性のあるウインターコスモスなんか、50円。

売れ残ったら、捨てられちゃうのよね。。

original2652

助けたくなって、つい、、購入。

original2658

結局、欲しかったベビーリーフの苗は、近くのホームセンターで見つけました。

植物との出会いは、いつも、こんなです。