海の日に山へ

海の日連休に、北アルプスの麓・白馬村に行って来ました。

連休とあって中央高速道路は渋滞気味・・・

松川から残雪の白馬を見て、ほっといたしました。

手前に広がるゲレンデは八方尾根スキー場。

今日は、5月に引き続き 稲作倶楽部 の田んぼへ。

あの田植えから約2ヶ月がたちました。

ひやーっ!大きくなったけど ↑↑ 雑草に埋もれています。

草の名は、 真っ直ぐ伸びたトクサ。と、白い花を咲かせているオモダカ。

先に到着しているメンバーが、苗と苗の間に除草機をかけていました。

着替えて、さっそく草抜きに参加・・・

除草機では取り除けなかった、苗と苗の間の草を抜くとの事です。

まず、ビーサンを脱いで裸足。。(勇気が必要です )

思いっきりオモダカを引き抜いて、畦道に放り投げたら、、

「抜いた草は、養分になるから 田んぼに沈めてくださ〜い。」とのご注意

夢中になって 慣れた頃、、ゴロゴロと雷が鳴って、大粒の雨。

雷が落ちると危ないから、明日また・・・と言うことで、車3台に分乗して森の中の温泉に行きました。

美人の湯だそうで、大きな岩に寄りかかって ゆっくり疲れを癒しました。

外はドシャぶり、、予報では明日も雨。。

ところが です・・・

朝、目を覚ますと 晴れ!

「私達って、ラッキーね!」うれしくて、朝ご飯の前に散歩に出ました。

空気は澄んでいて爽やか、生き返るような気がします。

どこを歩いても、この姫ヒマワリが咲いていて、明るい気持ちになりました。

あとで調べたらキクイモモドキ。 その名前に ちょっとがっかり、、、

そんな人が多く、後に ヒメヒマワリと呼ぶようになったそうです。

朝食後、9時から草抜き開始!

日焼けが心配なほどの陽射し・・・

10時の休憩でしっかり水分補給。

ランチは、若い人は 車でフレンンチに・・・

私達11人は 歩いて、ペンションの近くの Cafeに入ってみました。

気になっていたのです。。。

カナダ人のご主人が笑顔で出迎えてくれ、外見とは別な空間・・・

タコライス、ジャンバラヤ、ピラフ、クラムチャウダーホットパイ、、、

11人がほとんど違う料理を選んだのに、、次々と美味しそうな料理がテーブルへ運ばれます。

最後に、私が注文したオムライス・・・

あまりの形の可愛らしさに、皆んなから歓声が上がりました。

どんなシェフが作ったのかしら?

デザートのチョコレートアイスクリームも、カシスの香りがお洒落です

ますます気になって、聞いてみると・・

自家製・ブラックベリーのソースが決め手のようです。

日本人の奥様と奥様のお母さま、二人が料理担当。

ご主人はサイフォンで入れるコーヒーが得意で、その周りでご主人にそっくりな少年が遊んでいます。

菜園はみんなで行くそうです。どうりで、料理に野菜がたっぷりでした。

オープンしてまだ、一年半。

昔はロッジだった建物を改装して始めた、古くて新しいカフェ。

私たちが 田んぼ遊びをしているのを、毎回 見ていたらしいのです。

花のような笑顔で「花笑 Cafe」

居心地のいい場所がまた一つ増えました。

次は、稲刈りです。

夏の庭の悩みごと

梅雨に戻ったような この頃。

各地で大雨の心配も出ています。

こちらは暑さが少し楽で、夜はエアコンなしで 眠れているのがうれしいことです。

薄曇りの昨日の庭です。

花は無く、バジルと紫蘇の葉、ミント類がもりもり。

ところが、冷静な目でみると、葉っぱが穴あな、、

今年もやられています。

犯人はバッタ↓↓

その数はやたら多く、近づくとピョ〜ンと逃げます。 

藍の葉も狙われています。

見えますでしょうか? 何匹いるか探してみてください(右下のあたり、、)

まだ、1cmくらいの大きさです。

殺虫剤は効くのかもしれないけど、、人の体にも良くないと思うのです。

だから、今年も、小さいうちに捕まえて指で潰す!

手作業だから、間に合わなくて、次の年も発生するのかもしれませんね。。。

春からのワイルドストロベリーは、団子虫と分けあって食べています。

最近、色づいて来たブルーベリー↓

これもヒヨドリに先回りされて、 まだ一粒も味わえていません(とほっ、、)

これからは、アリの心配も・・

プ〜ン 庭の番人 私には蚊の大群、、、

おかしいな? クリーピングロイヤルミントを植えているのに・・・

と、刈り取って、香りを立たせると自然に逃げていきます。

でも、やっぱり

これですかね↑↑ 昨日から使い始めました。

それまでは、クスノキの枝をいただいて虫除けをしていました。

樟脳の香りで虫を寄せ付けないとか・・・

効果は3日ほどで、枝を折りながら香りを立たせて使います。

効果の程は?はっきりしません。

夫が、帽子の中に忍ばせて山に登り、一度も虫に刺されたことがないとの報告を信じているだけ。

吾妻山公園のクスノキのです。

晴れたらまた行ってみよう。

枯れ枝が落ちているかもしれません。

夏野菜がいっぱい

台風、どこへ消えてしまったのでしょうか?

夏空が広がっています。

早朝ウォーキングで、いつも気になるアーチです。

覗いてみると・・・収穫を待っているインゲン豆。

こんな畑の新鮮野菜が、一気に我が家へ。

まず、毎朝会う 白い古代犬・ハクちゃん家の菜園から↓↓

手提げ袋にいっぱい・・・

そして、ハウス栽培のご主人からもらった、キュウリ30本も一緒に。

もしかして、ハウスの番犬君・チビと仲良しになったお陰かな?

重たかったけど、両手に下げて 頑張って 帰宅、、、

半分はご近所さんへお裾分けして、15本は佃煮に挑戦しました↓↓

美味しそうでしょ? 作り方は、後ほど、、、

昨日の朝は、Kさんから枝豆!

「ビールが進むよ〜」と、畑から引っこ抜いて 藁でまとめてくださった。

家に戻ってから 車で取りに来まーす。と言っても、「持てるよ!」って・・・

結局、↑↑この状態で、2kmも歩いて帰って来ました。

その甲斐 あって、、、

とても美味しくいただいています。

今日は、6月に頂いた Tさんの庭の完熟梅を 冷凍庫から出して、梅ジャムを作りました。

凍っている黄梅を見るのも好きです。

煮ている時の 杏のような香りも・・・

種を取り除くのが大変ですけどね、、、

今年も作れてよかった。。。

さて、

<きゅうりの佃煮>の作り方です。

叔父夫妻の長年のレシピをFAXで送ってもらい、それを基に作ってみました。

キュウリ10〜15本で作ってみてください。

① キュウリを3mmくらいの輪切りにして、30〜35gの塩をまぶす。

  *手で絞らずに水切りをします。

② 重石 をして7〜8時間おく

我が家では 水を入れたヤカンが重石。写真のように、 出た水分がキュウリに付かないよう底上げをして、何度か捨てます。

③ 水切りしたキュウリを煮ます。

醤油・みりん・各18ml、お酢80〜85ml、三温糖 又はきび糖40gを入れ、強火で20分くらい煮詰める。

水気が無くなったら、火を止めて、冷ます。

④ 生姜の千切り・塩昆布・唐辛子を好みで適当量を入れて混ぜる

見た目はキュウリのQちゃん風ですけど、、甘塩っぱくて、ピリッとした辛さ、生姜の香りが絶妙です。

塩昆布は減塩のものを使いました。20g位かな。。

冷凍して、 少しずつ出して食べています。

ご飯のお供にどうぞ!

イワタバコを探しに

アジサイと同じ頃に咲くのがイワタバコの花です。

鎌倉が有名ですが、もの凄い人が集まるので、もっと自然なところへ・・・

と、いうことで、ご近所3人組で箱根に行って来ました。

箱根登山鉄道に乗るのも久しぶりです。

車窓から紫陽花、アナベル。次の出番を待つヤマユリが 次々に現れるのを眺めて楽しみました。

宮の下で下車。

鉄道マニアではないけど、窓が広く大きい この新型車両に乗れたのがうれしくて、、

しつこく撮影しました。 スイスのベルニナ鉄道がモデルになっています。

改札を出ると、わかりやすい案内板。

坂を下って車道に出ると観光案内所もあります。そこで堂ヶ島渓谷遊歩道のマップと情報をいただきました。

イワタバコは谷間の湿った岩壁に自生しているとのこと。

山坂を下り、森に入ると・・・ぽつぽつ雨

3人組歩きは わりとこのパターンが多いです。

あリました! あったわ〜!

時期が遅かったようですが、、星形の花。葉に比べたら 小さな花です。

まだまだ、ありそうね。と

川沿いを行き

登ったり下りたり・・・

吊り橋を2つ渡って、涼やかなハイキングコースでした。

木賀バス停に着いて やれやれ、、

ずいぶん歩いた満足感で、スマホを見ると たった2km、、笑えました。

イワタバコはこんな場所が好き。

出会ったイワタバコの群生の一つです↓↓

葉は天ぷらにして 山菜料理店で出されることもあるとか・・

今頃の葉を乾燥させて、胃の調子を整える生薬として使われるそうだから、やはりハーブの一つなのですね。

来年はピーンとした花を見たいものです。

一番藍で染め直し

梅雨の合間に 夏の日差しが届いたせいでしょう。

こぼれ種で育った藍のミニ畑が急に成長しました。

草丈も私の膝上まで伸び、白い花もぽちぽち・・・

それで 今日は、我が家で藍の生葉染め会をしました。

きっかけは、ヨガ仲間のMさんのストール↓↓

「シルクのシミってどうすればいいの? ハイターじゃダメよね〜 」と聞きに来るものだから・・

「そうねぇ、ビーズをつけたり刺繍とかして隠したらどうかしら? 」と、答えながら手にとると、、

10年以上も前に 私のレッスンで染めたストールでした。(後で調べると2011年9月16日の藍の生葉染め)

え〜っ!こんな色になっちゃうの?と、絶句、、、

「でも私、この色も気に入っているんです。 」と 次の週にはご覧のような刺繍を・・・

それに、また 絶句、、、

そんなにも大切にしてくれているMさんに感激して、染め直しを提案しました。

収穫して 洗って、茎から葉っぱを取ろうとしているところへ、、ピンポ〜ン!

ご近所のTさんが、庭のアルストロメリアを届けてくださり、その勢いで、仲間入り・・・

偶然、お二人が 知り合いだった為に、にぎやかな葉っぱ取りになりました。

その間に 中性洗剤に浸して洗っておきました。Tさんのストールは上

スカーフの重さは2枚で約50g。

うっかり、おしゃべりが過ぎて写真がないのですが、、ミキサーに葉と水を入れて、約4ℓの青汁を作ります。

よく繰りながら馴染ませたら、水面からスカーフが出ないようラップをして5〜10分。

好みの色になったら、よく絞り、広げて、ハタハタと空気に触れさせます(これも写真がないです、、)

洗わずに、10分干して↑↑ 空気に触れさせることで青くします。

しばらくしたら、流水ですすぎ洗い↓

水が澄むまでよく洗い、水の中の酸素で青くします。

絞って、広げて、ハタハタさせて10分 中干し

4ℓの水に食酢をタラっと入れて、5分間リンス

絞って、広げて、ハタハタさせて10分 中干し

流水ですすぎ洗いした後、

脱水機にかけます。

乾いたら、出来上がり。

* *

こうしてシルク素材は、青汁に浸すだけで染まるので超簡単です。

ぜひ、今年もチャレンジしてみてください。

木綿や麻・レーヨンなどは染まりませんので、2021年6月22日/ブログ・アーカイブスをご覧ください。

「藍の生葉で木綿を染める」で、自分でも驚くほど丁寧に紹介しております。

明日から30℃を越す夏日がやってくるそうです。

熱中症にも気をつけて過ごしましょう。

PS

早くも この日、ニュースで梅雨明け宣言。。。

頭の中が編み編み、、

肌寒くはっきりしない日々に、晴れ間が訪れると嬉しいですね。

久しぶりに夏の輝き。

4月10日に種まきした藍です↑↑

植え替えたら 伸び伸び・・・少し安心しました。

次なる悩み、、、レース編みです。

先月、ビーズアートショーで購入したラリエットのキット。

見えないって不便ですね。

ハズキルーペを掛けて ようやくビーズ通し。

いざ!レース編み。

意気込みは良かったと思うけど、、編み目がぼやけて、老眼鏡の上にハズキルーペ。

丁寧な編み図なのに、どこか抜かして編んでしまうのでしょうね。変なかたち

何回も編み直して、、大奮闘。

今日は、すっきりと頭を冷やそうと、早起きしてウォーキングに出ました。

すると、何かしら? 落とし物・・・

近づくと、、、鳥の巣。

よ〜く見ると

いろいろな素材を使って 手糸玉のように編まれているんですね。賢い!

私もよく見て 考えて編まなくちゃ!

わぁ〜、滴がビーズに見えてきました。

さて、ラリエットが完成する日はいつのことでしょう。

お楽しみに。

青梅のカリカリ漬けに挑戦

ピラミッド アジサイかと思っていた紫陽花の名が・・・

カシワバ アジサイというのを知りました。

そんなことを教えてくれる ご近所さんから、朝からLINE・・・「庭の梅の実、もらってくださ〜い」

もう 大喜びして いただきました。

しかも、カリカリ漬けのレシピまでLINE・・・

6月6日の NHK ”きょうの料理”をみて 作ってみたら美味しかったとか・・・

しかも、、材料のホワイトラム酒までくださって、やるしかない!

出来上がりは、、こんなです。

梅を丸々漬けるのかと思ったら、一口サイズの洋風おつまみっていう感じ。

青梅1kgを1〜2時間水に浸した後、水分を拭きとり、竹串でヘタをとる。までは 普通の梅仕事・・・

包丁で縦6等分のくし形に切って、種を外します。

ホワイトラム酒50ml・粗塩50gをボールに入れて

青梅を混ぜて1時間ほど置くと、じわ〜っ水分がでてきます。

そこへ きび砂糖500〜600gを加えて

溶けてきたら、混ぜ合わせます。

きび砂糖が溶けるまで,ときどき混ぜながら置いておき、↑↑汁気が出たら、保存瓶に入れます。

2〜3日室温におき、1日1回、瓶を揺すって馴染ませ

シロップが上がってきたら冷蔵庫に入れ、1ヶ月後から食べられます。と言う事なのに・・・

2日目 味見したら、すごく美味しくて、,

1ヶ月 待てずに、、4日目から食べています。 後引きです。

料理研究家のコウケンテツさんのお母さま、李映林先生ごめんなさ〜い。

* *

シロップはドリンクの他、野菜の浅漬けやドレッシングに使えそうですし

青梅と同量の氷砂糖に漬けて作る 梅シロップも、ホワイトラム酒を少し入れると違った美味しさになりそうです。

一度、お試しください。

紫陽花の咲く頃

雨が似合う あじさいの季節になりました。

どういう訳か、本州で唯一 梅雨入りしているのが、関東・甲信越地方・・・珍しいですね。

なので、少し湿っぽいお話、、

先週末、二宮在住のヴァイオリニスト・白井英治さんの追悼コンサートが二日間に渡って行われました。

演奏家として、多くの音楽団体と交流を持ち、熱心な指導で音楽家を育ててきた白井先生。

亡くなったのは昨年5月でした。

小田原・秦野・平塚 近隣の音楽ファンには居なくては ならない方でしたので

私も残念で 、新しくなった市民ホールもみてみたい気持ちとで、小田原 三ノ丸ホールへ出かけました。

1日目/4日は、弦楽アンサンブルやピアノ、ホルンやマリンバ。

サプライズで、ありし日の白井先生の”ロンドンデリー”が 静かに流れて、悲しい音にしんみり・・・

2日目/5日は、ヴァイオリン、チェロのソロ。壮大なオーケストラ、そして大合唱でフォーレのレクイエム・・・

ゆかりの方々の演奏は素晴らしかったけど、重すぎちゃって、、、

2階・ロビーから見える小田原城や、遠くに広がる箱根の山々に ちょっと救われました。

帰りは、目の前の小田原城址公園へ

運よく、花菖蒲が見ごろでした。

山の中腹には色とりどりの 紫陽花がこんもり・・・

中でもこの色↑↑が一番好きなのですが・・・

この日は、こんな色に惹かれました。

謙虚でソフトな白井英治さんを思わせるやさしい色。

チャリティーという言葉が似合う音楽家でした。

藍の植え替え

先週は、ビーズアートショーへ行ったり、ウクライナ支援のためのジャズコンサートに出かけたり・・・

雨の前のバラ剪定や、友達のワンを預かったり で、 変化に溢れた日々でした。

軽井沢から来た、ジョビン君です。

ゴールデンレトリバーとスタンダード・プードルのミックス犬。とにかく大きくて存在感たっぷり

退屈しないよう あれこれお世話して、 逆に癒されて 幸せなひと時でした。

ところで、昨日の藍です。

もう 我慢の限界 ↑↑

本日、植え替えをいたしました。

種まきから70日↑↑ 根が張っていましたけど、株分けは意外に簡単でした。

しっかりした苗が20本。2個のプランターに植えることができました。

ついでに、、種まきから50日目↓↓の苗も

↓↓ 右のブルーのプランターへ

たっぷりと水をあげて、、さ〜て、今年はこれだけ、、

明日から6月ですね。

どんな夏がやってくるのでしょう ワクワクします。。

初めての田植え

お正月。新年会で 山の話で盛り上がりました。

ここの↑↑写真を見せてもらって、思わず「行ってみた〜い!」・・・

長野県北安曇野・白馬村は、独身の時 夫とスキーに行った以来です。

お誘いが来たのは桜の頃。。。えっ!山歩きじゃなくて、田植えなの?!

・・・と、いう訳で行ってまいりました。

久しぶりのロングドライブ・・・

着いた所は、北アルプスの麓「アルプスの見える小径」の近くのペンション・ファミーユ若田さん。

小雨が降ってきたので、今日は見学だけ。。。

明日、この↑↑田んぼに植え付けします。

大丈夫かな? 心配を振り払ってくれたのは、20年ここに通っている東京チーム。

理化学研究所と編集者つながりで、チームワークはバッチリ!

いろいろとコツを教えていただきました。

明日の晴れを祈って、森の温泉へ。

赤土のような濁り湯と 情緒のある中庭がしっとりとして素敵でした。

朝、目を覚ますと・・・

やった〜、窓の外に青空が少し・・・

朝食前に、ひんやりとした空気の中を歩いてみました。

スイスの山岳地方みたい。。。

幻想的な風景に ため息ばかり。。。

朝食は、もち、美味しい白馬米!

ポリフェノール豊富な紫米に おかわり続出でした。

9:00から田植え開始!

苗3〜4本を手に取って15cm間隔に植えるのがベストらしい、、

裸足で泥んこに入るのは、むにゅっとした感覚が新鮮、というか気持ち悪い、、

けど すぐに慣れて、つま先から入って 踵から出る。が身に付いてきます。

子供たちはそれが嬉しいみたい。

ブーツの人はカッコいいけど、 足が抜けなくなって苦労してました。 やっぱり裸足がいいのかな。。。

笑い合って協力し合って、10時のおやつまでに半分が完了!

私は この隣の田んぼに参加。

ほぼ完了という時、尻餅を付いて泥まみれ、、てへ〜っ、皆さんの注目を一気に浴びてしまいました。

手足を洗おうと 用水路に入ると 冷たさに またびっくり!

雪解け水だそうです。

たくさんあった苗も お昼までには植え終わり

終わる頃には、皆んなが一つの 家族のようになっていました。

次に会えるのは 7月の草取り。

お米を作るなんて 、自分でも びっくら!

ほんと 楽しかったです。

1 2 3 4 55