大雨情報

7月に入って、いっこうに止まらない雨。

2日のというより3日の未明、突然、スマホが鳴って、土砂災害警戒レベル4の緊急速報。

そのあと3時間後、、避難所4カ所を開設との緊急連絡。水と食料、衣類を持って避難?!

もう、びっくりしました。

幸い、我が家は無事にこうして降りしきる雨を眺めています。

昨日からテレビは、友達が住んでいた熱海・伊豆山での土砂崩れの恐ろしい映像。

見慣れた景色が濁流の中にザンブリと消えていくさまは、何回見てもつらいです。。。

友達はすでに引っ越した後で、反対にニュースに出た我が町を心配してくれていました。

なので、

さっき、図書館の帰りに、町の中心を流れる葛川の写真。撮ってきました。

ハザードマップで、ここは洪水や浸水の警戒レベルが高いところです。が、ご覧の通り、ご安心あれ!

沖縄は梅雨明けとか?

こちらはまだまだのようです。

私の大好きな葛川の散歩道。

1週間前に歩いたきりです、、、

なのに、陽の光がなんとも懐かしい。

P.S

あちらこちらからご心配のメール、ありがとうございました❣️

藍の生葉で木綿を染める

曇ったり晴れたり・・・そんな日々です。

6月8日と9日に、藍の一番刈りをして、ほっとしたのも束の間・・・

今朝の藍に、ギョッ!

2週間で、、もうこの勢い!

昨年のブログを参考に、染めた方もいらっしゃるかと思いますが、、

初めての方のために、今年も・・・

〜藍の化学建て〜

青汁に浸しただけでは染まらない 麻や木綿を染める方法です。

ソーダ灰とハイドロサルファイトコンク という助剤を使います。

先週のブログで紹介した 木綿のストール↓↓で説明します。

忘れがちなのは下準備です。

まず、染める物の重さを計って、藍の葉と水の必要量を計算しておきます。

<生葉の使用量>

ストールの重さの2〜5倍

<水の使用量>

ストールの重さの60〜80倍

分量は自由に決めていいことです。参考にしてください。

そして、ストールを地入れします。

40℃位のぬるま湯に30分浸して、すすぎ洗いするだけでもよいのですが、、新品で糊付けされた素材は

台所洗剤を1〜2滴入れて10分ほど煮込んでからよく洗うと、染まりやすくなります。

脱水して、すぐ取り掛かれるよう 湿り気を保っておきます。

藍の収穫は、それからでも遅くはありません。

刈り取った藍を洗って、シャッシャと水を切り、葉だけにします。

ストール35gの4倍量の葉140g。

水はストールの重さの80倍強、3ℓ を用意しました。

助剤も計っておきます。

<ソーダ灰の使用量>

水1ℓに対し3g (水3ℓ ×3g=9g)

<ハイドロの使用量 >

水1ℓに対し5g (水3ℓ × 5g=15g)

ここからスタート!

ミキサーに葉と水を入れ、ガガーッと3〜4秒 回します。

目の細かい袋に流し入れます。

数回に分けて繰り返し

袋をギュッと絞って、青汁の出来上がり。

シルクやウールはこの中に数分浸すだけで染まります。

木綿や麻はそうはいきません。

できた青汁にソーダ灰をふり入れて、アルカリ性にします。

混ぜていくうちに緑色がだんだん暗い色に変化します。

これ以上暗くならないと感じたら、ハイドロを加えて還元します。

さっと混ぜ、30分待ちます・・・

元の透明感のある緑色に戻ったら、染め頃です。

ストールを静かに入れ 沈めます。

水面から出ないよう注意して、たえず動かしながら10〜15分。

好みの色になったら取り出し、絞って、素早く広げてハタハタ。

あっという間に 黄緑色からこんな風に変化します。

10分くらい干して空気にあてます(天日に干しても良い)

次に、水1ℓに対して食酢を10mlの割合で酢水を作り、その中に5分浸す。

すると、シャキッとしたブルーに・・・

洗わずに絞って、10分くらい干して空気にあてます。

最後に 洗います。

流水でよくすすぎます。(台所洗剤を1〜2滴入れて洗う人もいます)

脱水したら 形を整えて

風通しの良いところに干して、乾いたら完成!

火を使わず、短時間でできる夏らしい染めです。

説明が長くて難しそうですが、やってみると、助剤があれば超簡単!

前日が晴れて、今日も一日晴れ。という午前中にお試しください。

トロトロの梅ジャム

最近、家庭菜園をしているご近所さんからよく野菜をいただきます。

そのサラダ菜から、ミクロサイズのカタツムリ・・・

つの出せ、やり出せ、目玉出せ〜 ♪ 梅雨の風情が感じられて、思わずカメラ!

予定では「藍の生葉染めの方法」をお伝えするはずでしたが、、

今日は、こんな↓↓ ジャムができちゃったのでそのお話。

先週、生葉染めをしている最中に、完熟梅をいただきました。

「冷凍しておけばいつでも使えるわよ 。」っておっしゃるので、

とりあえず、洗ってヘタを取り、水気を拭いて、重さを計りジップロップで冷凍しておきました。

今朝は、この冷凍した完熟梅1,6kg からスタート!

ジップを開けたとたん、アプリコットのいい香り〜〜

砂糖は梅の重さの半量。 急に思いついたので、ありあわせのグラニュウ糖と三温糖で800g。

蓋をして、中火に。

冷凍梅が溶け、砂糖も溶け出して水分が上がってきます。

白いアクが次々浮いてくるので、こまめにすくいとります。

底に焦げ付かないよう、ときどき木べらで混ぜて

梅肉が柔らかくなったら、火を止めます。

ここまでの作業50分・・・

冷凍することで果肉の繊維が壊れて、早く煮崩れる。というわけ。

穴あきのお玉などを使い、種を取りのぞいて、

木べらでよくかき混ぜたら、なめらかなトロトロジャムの完成!

47粒の種抜きは大変でしたけど、、

一粒 口に放り込むと、甘酸っぱいアプリコット味。我ながらあっぱれ!

熱々のジャムを詰める手が、ルンルンしていました。

忙しい人ほど、ジャムはうまくできるそうです。

なぜなら、美味しいジャムは長く煮込まない方がいいから・・・とか

そうそう、

2週間前に仕込んだ梅シロップ。おいしくできました。

「ウメッシュみたいだね」と夫に言われてドキッ!

りんご酢の他、同量のホワイトリカーもこっそり加えてみたのです。Verry Good!

あんなに丸かった青梅がシワシワ、、わが身に迫る姿でつらいけど、、ありがたく梅のエキスいただきまーす。

らっきょう酢に漬けた青梅も意外なおいしさで、もう一度作っています。

てへっ! また長くなりました。。。

一番藍で生葉染め

今日、関東地方は遅い梅雨入りとなりました。

やっぱり、紫陽花は雨が似合いますね。

すぐに晴れてしまいましたけど・・・

ずっと晴天続きでしたので、藍の一番狩りをして過ごしていました。

6月8日はプランター4個の刈り取りをして、合計470gの生葉で、重さ95gの麻のTブラウスを染めました。

白が好きで買ったのに シンプルすぎてあまり着ることがなかったTブラウス。

失敗してもいいかな、、と、杉箸と割り箸を使って板締めをしてみました。

5リットルの染め液の中に沈めて、動かしながら15分。

脱水機にかけて、ハタハタ。。。

ゴムを外す時の ワクワク感がたまりません。

出来上がりです↓↓

計算通りとは言えませんけど、、偶然の模様を楽しむことにいたします。

顔見知りのワンが寄ってきて、これまた偶然、前身ごろが写った写真も撮れて 夫に感謝!

次の日

ミニ畑の藍を刈り取り、230gの生葉を収穫。

ウォーキング用に、汗を吸い取ってくれる木綿のストールを2枚染めました。

これは↑ストールの重さの4倍量の葉を使った色です。

藍染めの布は、紫外線を遮断する効果もあるので真夏でもストールは離せません。

今年初めて生葉染めに挑戦なさる方は、ぜひストールから始めてみてください。

長くなるので、染め方は次回に・・・

梅シロップ

もう6月。

雨のない日が続いて、ハーブは花盛りでした。

残念ながら、今日は全国的に強い雨と風。

とうとう梅雨入りかな?と思っていたら、そうでもないらしい。。。

せっかく咲いたセルフィーユがうなだれています。

* *

昨日のヨガの帰り道、みずみずしい青梅が露店に並んでいるのをみつけました。

どれにしようか悩んでいると、奥からお店の方が、、、

「今の人はすごいね。冷凍してから漬けるそうですよ!」などと梅の変わった食べ方を一通り教えてくださった。

1kgの青梅に氷砂糖1kg。覚えやすい分量なので 梅シロップは よく作っていました。

梅と氷砂糖を交互に入れて、最後にりんご酢を大さじ2〜3杯を回しがけして、冷暗な所へ。

砂糖が平均に溶けるよう、日に何度か傾けて混ぜ、梅が皺々になったら出来上がり!

が、私のやり方です。

それを今日は、一晩冷凍した青梅を使ってみました↓↓

どうなることやら、、、

右は、「らっきょう酢で漬けた梅も美味しいよ〜」とおまけの梅で、、、

いずれも、保存瓶の内側をホワイトリカーを染み込ませたキッチンペパーで拭いておくと安心です。

美味しくな〜れ!

梅雨入り前の庭と藍

先日、ツバメが夫の部屋に舞い込んで来ました。

さあ、大変!ツバメが怖がらないように、窓という窓を開けて

こちらがパニクっていると・・・

ツバメは少し考えて、しゅーっと大空に羽ばたいて行ってしまいました。

何かいいことありそうね? 温かな気持ちに満たされていたら、、

ありぁー、午後からドシャ降り。それから3日間も雨でした。

今思うと、この雨を知らせに来てくれたのかも。。。

おかげで、久しぶりにミシンを踏んで過ごしました。

お直しですけど、、、

エプロンのリフォーム、パンツの裾上げなど、充実感たっぷり・・・

* *

朝からまぶしいお日さまは、ありがたいです。

3日も降ると庭は別人、活き活き・・・

カモミールが終わりかけてたり

ムギワラナデシコ、アルストロメリアが咲いていたり、、と気づくことがたくさん。

驚くなかれ!藍のミニ畑↓↓

もう こんなに大きくなっています(こぼれ種で成長)

同じこぼれ種でもプランター育ちは↓

こんな感じ、、、

3月19日に蒔いた種は↓↓

びっくりです!3日間の雨で急成長、、お天気次第ですけど、6月になったらすぐ”生葉染め”ですかね。

その頃、梅雨入りでしょうか? その前にやっておくことがあるので、ビクビクしてます、、

それと遅くなりました、ご案内です↓

大きな声では言えませんけど、、、興味がありましたら、ぜひお出かけください。

お仲間が頑張っています。

バラの咲く庭

早くも梅雨入り宣言が北上し、一昨日は近畿・東海地方にまで・・・

平年に比べ、3週間も早いそうです。

それとは知らず、よく晴れた夏のような日曜日。

お隣の町・大磯のOpen Gardenに参加して、バラが咲く素敵なお庭を7軒も訪ねて歩きました。

比べたら、我が家の庭は小さくて、笑われそうですが・・・

今、とてもいい香りを放っています。

紫から白い花に変化する ニオイバンマツリ↑↑

カップ咲きのミニバラ。

扉の向こうが南面の庭です。

入ると、フワーッと香るのは・・・

フランソワ・ジュランヴィル。

見ていると、挿し木でくださったAkikoさんの柔らかな笑顔が浮んで来ます。

「バラは好き放題に伸びるから、大変よー!」と園芸家だった難波光江さんの声もどこからか。。。

そんなこと言いながら、30年前バラをすすめたのは光江さんです。

今年は何もかも早くて、ラベンダーも咲こうとしています。

なのでこの頃、痛たたたっ! 棘に刺されながら、花がら摘みが大変。。。

ひと昔前なら面倒なことが、最近はとても贅沢に思えます。

雨上がりの今朝も

痛んだ花を摘もうとして、、ふっと

「一度 ながめてから、捨てよう。。」なーんて 優しい気持ちになりました。

バラが終わる頃、こちらも梅雨入りなのでしょうか? ぞっとしますね。

つるサマースノーの季節に

きのうは母の日。

こんなサプライズがありました。

スーパームーンというカーネーション。

「今、せつ子さんちの白いバラが綺麗に咲いていて、エルしやんとルナのことを思い出しました。」って・・・

天国へ行ったしまったけど、お互い犬のお母さんをしていた頃の友から・・

その白いバラをご覧ください。

エントランスの左右に植えた、つるサマースノー。

冬にも咲いて、今年は2回目の開花。偉いです!

わーっ !綺麗ね〜

この季節だけは、道ゆく人が足を止めてくれます☺️

雑草(エリゲロン)にも感激してくれる人がいて、なんだかうれしい。。。

バラの足元には、大きくなれない

バレリーナ(ズームしてみるとアブラムシ凄い!)

白波が立ったような咲き方をする

コバタツナミソウ↑

今年は早くから花盛りで、、

気前よく飾って、楽しんでいます。

母の日前後に咲く、ベランダのミチコ↓は予定通り咲きました。

でも、朝、咲いた!と喜んでいたら、真夏並みの暑さにグッタリ

夕方には切ることに・・・

そんなこんなで、連休は庭と共にステイホーム。

と、いいたいところですが、、、

不要不急でApple Storeに行った夫が、ついでに私の予約を取ってくれて、

翌日、一人で表参道まで行って来ました。

新型コロナウィルス対策が厳しいApple Store。火の中に飛び込む 虫になった気持ちでしたけど、、

人数制限されて、返って、ゆったりとShoppingできて良かったです。

新しいIPhoneが用意され、手続きが終わり、愛用のiPone 8 PLUSを渡す時のさみしさは何んとも、、

で、最後のシャッター↑↑

メンバーが変わって、地下フロアーでセットアップ。

去年の今頃は店舗閉鎖で辛かったそうですが、今回は仕事が出来てうれしいです!と明るく弾むスタッフの方々

うれしくて、手に入れたiPhone 12で、最初のシャッター↑↑ ( 許可を得ております )

経済をとるのか?命をとるのか?政治はますます難しく、複雑。。。

東京は今月いっぱいまで緊急事態宣言が延長のようです

藍の植え替え

今日はみどりの日。

明日からお天気が崩れるみたいなので、、藍の植え替えをしました。

前回のブログから1週間もしないうちに、こ〜んなに成長。

なかでも丈夫そうな苗を選びます。

二つのプランターに8本ずつ植えて、あとは、ごめんなさーい⤵︎

せっかく芽を出した子を捨てるなんて、、、いつも胸が痛みます。

何度も拾い上げては、植えてみようかなぁ(広い庭の人が羨ましい。。)

よし!これでいいのだ、あとは選ばれた藍が頑張ってくれる!

* *

一方、こぼれ種から育った藍です↓↓

二階のベランダから庭に下ろしました。

葉の色でなんとなくわかるのですが、、ベランダの照り返しが強くて もう根詰まり、、

今のうちに、植え替えしようかなぁ。。。と考えましたが、面倒なので

ブスブス土に刺して根を切り、グーっと根を持ち上げ 隙間をあけ、土を耕して

新しい土を足すことにしました。

たぶん、次の雨で伸び伸びとしてくれると思います。

私は藍の土も、庭の土も同じです。

赤玉土に腐葉土を混ぜた土に、マグアンプK (左)とミリオン(右)を適量。

一度使った土も、ふるいにかけて腐葉土を足して・・・と 繰り返して用土作りをしています。

コロナ自粛のおかげかな?

今年はじめて藍にチャレンジする人が増えているようで とても嬉しいです。

水の好きな元気な奴らですから、気楽に育ててみてください。

ハルジオンとヒメジョオン

今日からゴールデンウィーク。

あいにく朝から雨。。。

コロナの心配がなければ、一年で一番 爽やかで伸び伸びとした、気持ちのいい季節。

早朝5kmのウオーキング、再開しています。

今、空き地や道端に咲く花が 訳もなく可愛いいです。

向こうの先に見える黄色い花、普通の菜の花じゃなさそう。。と思っていたら

ブロッコリーの花だそうです。

菜園の方は、放ったらかしにした 恥ずかしさがあるのかしら? 小さな声で教えてくれました。

2年前なら、いただいて押し花にしていたかも。。。と

急に、理論社「かわいい手芸」”春の押し花図鑑” のことを思い出してしまいました。

4月〜6月に咲くハルジオンと、そっくりな5月〜8月に咲くヒメジョンの見分け方に ちょっとした論争が・・・

これから同時に咲く季節が来ますから、知っていると鼻高かもしれません。

今咲いているのはハルジオン↑↑ ひと目でハルジオンとわかるのは、蕾が下向きに垂れているから、ヒメジョオンは蕾がツンと立っています。

ご覧のようにハルジオンは花びらが細く、数が多く、ピンクの花が多いです。

もっと詳しく知りたかったら 茎を切って、断面が空洞ならハルジオン、詰まっていたらヒメジョオンです。

と、まあ、理屈っぽい話ですが、見分けがつく人になれたら素敵だと思います。

* *

我が家のバラ、 第一陣が咲いています。

今日の雨で だいぶ散りましたけど、 プリンセス・アン。

これでもクロード・モネ。 かわいそうに、、、

本来なら怪しげな青紫なのに、、花色が薄れていくブルーフォーユー。

それでも、雨の日の今日を 明るくしてくれました。

何年も前に挿し木でくださったMさんに、感謝と、上手に育てられないお詫びを。。。

* *

昨日の庭です。

最近、ワイルドストロベリーの赤い実を探すのが日課になっています。

今日はたったこれだけ、そのままつまんで食べました。

藍も大きくなりました。

種まきから40日が経ちました。

連休中にプランターに植え替えするつもりです。

* *

コロナウィルスの変異種が広がり 感染者がうなぎのぼり、各地で医療ひっ迫のニュース。

大阪・兵庫・京都の他、東京にも3度目の緊急事態宣言が出されて4日目。

どう違うのでしょう? 神奈川県はまん延防止措置。私の町は除外されています。喜んでいいのか、悪いのか、、

とにかく、ゴールデンウィークは Stay Home !

1 2 3 4 49