Monthly Archives: 9月 2014

茜色 発見!

爽やかなこんな季節に、夫が何日も帰ってこないなんて。。。

仕事だから、しかたないか、、。 彼の机は、なかなか居心地がいいんです。

鬼のいない間に、  コーヒーをすすりながら、写真集をぺらぺら・・・

original2529

わ〜きれい!  茜色。

original2530

表に返すと・・・これも茜色。。  やだ、タダちゃんパパの新刊。

そうでした。紹介がおくれてました!

山口高志さんは、夫と同じ写真家。ちがうのは、美しい大自然を相手にしているところです。

何冊も写真集を出されているので、ご存知の方も、知らずにカレンダーで癒されている方も多いことと思います。

けど、二宮在住だなんて、知っている人あまりいないかも。  実は、犬友です。

先週、茜染めレッスンで毛糸を染めたAさんも二宮在住。何回かご参加くださって、最近、エディターさんだって知りました。

original2528

『乾きました〜↑↑』って、見せにきてくださいましたので、ごらんください。

どんなニットが出来上がるのでしょう? みんなで楽しみにしていましょう。

プレッシャー! プレッシャー!

西洋茜の染め色

二日前の『茜染めレッスン』で、メリノウールの毛糸を4色に染め分ける方がいらっしゃいました。

ので、

お邪魔して、テスト染めさせていただきました。  ごらんください。

original2527

アカネはミョウバン媒染で茜色に染まるのが特徴ですが、どの媒染も個性的ですね。

Alはミョウバン、Feは鉄、Cuは銅、Tiは、チタンを意味します。

original2525

刺繍糸(コットン)、麻は柔らかな色調

original2526

レーヨンのリボンは、予想に反して、絹のようにくっきりと染まりました。

来週のレッスンの参考にしてください。

三番藍

敬老の日連休、いかがお過ごしでしたか?

久しぶりに、横浜の母に電話をしてみましたら、

『畑の藍が、花も咲かずに勢いがいいの!』なんて、言うものだから・・3番藍、収穫〜。

着いたら・・すでに刈って、洗って、葉っぱだけにしておいてくれました。   どっちが敬老かしら?

ありがたくて、せっせと染めておりました。

original2521

ウール100%のアイスランド製の毛糸。

original2524

アイスブルーっていうのかしら? クリアーな染め色にほっと一息。

ふと、我が家のプランターに視線、、

original2511

三番藍、我が家もいけますね!!

2番刈りのとき、鉢からはずして根を切ってあげたのが、良かったかもしれません。

次は何を染めようかな??     頭の中がぐるぐる。

藍のおかげ

日中は少々暑くても、風はすっかり秋。

夏の疲れを、ヒーリングヨガ教室でふ~っと抜いてきました。

8月は夏休みでしたので、お仲間と会うのも一ヶ月半ぶり。 その帰り道での、うれしい話。

original2495

『ねえ、ねえ、貴方のおかげで、この夏は楽しかったわ!』

えっ??

『ペットを育ててるようで、面白かった!  可愛いわよねぇ 』

はっ??

『ほら!藍の種、いただいたでしょ 。7月に染めて、昨日も染たの・・』  見ると、爪が真っ青。。。

袋から、ターコイズブルーの絹糸を取り出して、声が弾んでます。

で、よ~くお話をうかがうと、彼女は 織物作家さんでした。初耳。。 藍は人をつなぎますね。藍の話で延々、1時間以上も立ち話してしまいました(笑)

藍のご縁がもう一つ。

昨春、藍の種プレゼントに応募された方の一人。  今年は、6月の藍の生葉染めレッスンにご参加くださいました。

そして先週、

『うちのハーブで作ってみました~』と、2つのアルプスを望む、畑からの贈り物。

original2502

おしゃれに包まれたケーキに、彼女の暮らしぶりがうかがわれて、大感激でした。

育てた藍で染めた、小さな布や紐もステキ  ↓↓

original2504 original2505

わくわくしながら、毎日が過ごせるって、本当、幸せです。

著書『ハーブ染めの贈り物』がずっと、Mさんのそばにいてくれますように。

9月の茜染めレッスンも、いいご縁があるとうれしいです。

9月の染めレッスン

10月初旬の気温。涼し過ぎて、さみしいほどの一週間でした。

そのあいだ、5年ぶりに新しくした、このパソコンと大奮闘!!

と、いっても、夫が、、で、私はといえば、古いMacから無事に移行できるのか?心配で、祈りのような見守り だけ。

そんな訳もあって、今になって、レッスンのご案内です。

original2498

今月は、↑↑西洋茜(セイヨウアカネ)で楽しんでいただけたらと、思います。

今では栽培する人は稀のようですが、夏から秋にかけて黄緑色の花を咲かすアカネは、根から赤色染料がとれる、世界最古の染料の一つ。

別名  Dye’s Madder(ダイヤーズマダー)染料店で購入できます。

どんな色に染まるのかしら? のご参考に。

original2497

上段がコットン、中段がシルク、下段がウールの染め色。

開催日は、

*9月18(木)

*9月26(金)10:00〜16;00頃まで

どちらかご都合の良い一日、スカーフ程度の重さの素材をご持参の上、ご参加ください。

お待ちしております。